分かりやすい解説

早漏治療の術後では性行為やアルコールはしばらく控えておこう

性行為は刺激を与えるので控えなくてはいけない

早漏治療術後、性行為を控えなくてはいけない理由として刺激が与えるというのが関係しています。
術後の患部はとてもデリケートになっており、少しの刺激でも強い痛みや不快感が発生する恐れがあります。
基本的に性行為は、大きな負担を与えるので回復するまで控えることが大切です。

どのくらいの期間、性行為を控えなくてはいけないのか早漏治療の術後回復具合で異なります。
特に問題なく、順調に回復することができれば、短期間で再び性行為を実施できるチャンスが発生します。

残念ながら回復が遅い場合は、ほぼ完ぺきに回復するまでのんびりと待たなくてはいけないです。
早漏治療の施術方法によって、どのくらいの負担が発生しているのか異なっています。
気になる男性は早漏治療を受ける前に確認し、把握することが大切です。

多くの男性が早漏治療術後の性行為を控えており、少しでも悪い影響を与えないように細心の注意を実施しています。

アルコールによって痛みや不快感が発生するリスク

性行為だけではなく、お酒も控えることが早漏治療術後は求められてきます。
その理由としてアルコールは血行をよくするので、患部中心に痛みや不快感が発生しやすいです。
個人差があるのですが酷い場合は、日常生活に悪影響を及ぼすので早漏治療術後のアルコール摂取を控えることが基本です。

お酒の度数に関係なく、ほとんどのお酒は血行を良くする効果があるため、一定期間摂取するのを我慢しなくてはいけません。
ある程度回復することができれば、再びお酒の摂取ができるようになるので辛抱強く待つことが大切です。

早漏治療術後にも関わらず、我慢することができなくてお酒を摂取してしまい、痛みがひどくなった場合はすぐ治療を受けているクリニックに診療してもらうことが必要です。
適切な処置をしてもらうことで少しでも痛みを緩和できたり、不快感を緩和してくれる薬を処方してくれます。

このような悪影響があるので、大変かもしれませんがアルコール摂取を控えなくてはいけません。

まとめ

性行為は患部に負担を与えてしまい、アルコールは血行がよくなるのでその影響で痛みが酷くなるケースがあります。
どちらも個人差があるのですが早漏治療を受けた以上、回復するまで大人しくすることが重要です。
どのくらいの期間で性行為やアルコールが問題なくなるのか個人差があるため、治療を受ける前に確認しておくと安心です。
個人で判断するのが難しい場合は、クリニックに相談することで丁寧に教えてもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。