分かりやすい解説

早漏治療の術後の入浴はダメでもシャワーなら大丈夫

入浴がダメな理由として傷口や痛みが大きな関係

早漏治療術後は大切な部分に少なからずダメージが発生しており、完全に回復するまで大人しくすることが必要です。
刺激もしくは負担を与えることで出血が発生したり、痛みが強くなる恐れがあるので気を付けないといけないポイントです。

多くのクリニックでは早漏治療術後の入浴は禁止しており、傷口や痛みなどの悪影響を与えないように気を付けています。
もし入浴することで傷口が広がったり、痛みが酷くなるリスクがあるので早漏治療術後の入浴を多くの患者が避けています。

ただ早漏治療術後、ある程度の期間が経過してキズやダメージが回復したら特に問題はないです。
どのくらいの期間でキズやダメージが回復するのか違っているため、よくデリケートな部分をチェックすることが必要です。

個人で判断するのが難しい場合は、早漏治療を受けたクリニックに相談もしくは問い合わせを行い、いつから入浴できるのか確認することが重要になります。

シャワーが認められても油断しないことが重要

そこまでデリケートな部分に対し、ダメージや負担が少ない時、シャワーが認められるケースがあります。
シャワーをすることで清潔な体を維持できるようになり、普段の日常生活に少しでも戻りやすくなります。
しかしシャワーが認められたからといって安心するのではなく、丁寧に洗髪や体を洗うことが必要です。

特に早漏治療術後は、デリケートな部分にダメージや負担が発生しているため、ゴシゴシと洗うのは厳禁です。
そのような行為を実施してしまうと痛みが酷くなるだけではなく、激しい出血を弔う可能性が出てきます。
せっかく早漏治療を受けたにも関わらず、痛みや不快感などの問題が起こりやすくなるので気を付けないといけません。

シャワーを実施する時は、デリケートな部分に刺激を与えないように細心の注意を行うことが大切です。
丁寧に体を洗えば、できる限り濡らさないで済むだけではなく、負担が発生しないので悪影響を極力回避可能です。

まとめ

入浴が禁止されている理由として、傷口が広がるだけではなく、痛みや出血を回避する目的があります。
何時まで経っても回復することができない可能性が出てくるので、早漏治療術後は安静を心掛けることが重要です。
シャワーが認められている場合は、できる限り濡らさないだけではなく、刺激を与えないように気を付けないといけません。
ゴシゴシと患部を洗ってしまうと痛みや出血が酷くなる場合があるので、絶対に避けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。